健診センター案内

経営理念

公益財団法人宇都宮市医療保健事業団健診センターは、健康診断事業を通じて、地域住民の健康保持・増進と福祉の向上に努め、健康で幸せな社会生活に貢献していく。

基本方針

公益財団法人宇都宮市医療保健事業団健診センターは、健診機関としての社会的使命を自覚し、常に法令遵守に留意しながら、誠実かつ公正な事業活動を推進していく。

  1. 私たちは、お客様の立場にたち、快適で信頼される健診を行います。
  2. 私たちは、健康づくりのプロとして技術及び資質の向上に努めます。
  3. 私たちは、精度管理に積極的に取り組み、信頼性の高いサービスを提供します。
  4. 私たちは、お客様の個人情報は安全管理対策を徹底して、適正かつ安全に保護します。
  5. 私たちは、利益追求を目的とせず、公正で健全な事業を執行します。
  6. 私たちは、省エネルギー、廃棄物の適性処理など、環境に配慮した事業活動に取り組みます。
  7. 私たちは、市民の健康づくりの拠点として、心身ともに健康で明るく、活力に満ちた組織を目指します。

公益財団法人宇都宮医療保健事業団健診センター倫理規範

この規範は、公益財団法人宇都宮市医療保健事業団健診センター(以下「健診センター」という。)が事業を推進していくうえで、健診センター及び職員が遵守すべき規範を定めている。

  1. 法令その他の社会的規範を遵守し、公正で健全な事業を行う。
    健診センターは、法令や社会的規範、社会的良識、並びに内部規程に基づいた事業を行う。
    また、健診センターは、社会的秩序や健診センターに悪影響を与えるあらゆる個人・団体とは一切関わらない。
  2. 良質な健康診断・サービスの提供を通じて社会に貢献する。
    健診センターは、公正、透明かつ自由な競争を通じて、顧客のニーズに対応した社会的に有用な健康診断及びサービスを開発・提供し、不当な手段や不透明な行為による利益の追求は行わない。
    また、健診センターは受診者、受診団体、関係団体、取引先等を含む幅広い社会との健全で良好な関係維持に努める。
  3. 職員の人格・個性を尊重し、安全で豊かな職場環境を実現する。
    健診センターは、職員一人ひとりの主体性と創造力を大切にし、それが健診センターの活動に活かされる組織風土を醸成する。
    また、健診センターは、職場の安全と職員の健康を守ると共に、人格と基本的人権を尊重し、差別のない健全な職場環境を確保する。
  4. 清廉かつ誠実に業務を遂行し、健診センターの発展に貢献する。
    職員は、公私の区別をわきまえ、 清廉かつ誠実に業務を遂行すると共に、健診センターの保有する有形・無形の資産、情報の保全に努め、また、これを自らの業務遂行の目的以外に使用しない。
  5. 地域社会に貢献する良き市民たることを目指す。
    職員は、地域社会との密接な連携と協調を図り、地域社会発展の一躍を担う。
  6. 地域環境の保全と豊かで住みやすい社会づくりに貢献する。
    職員は、限りある資源や自然を大切にし、地球環境への負荷低減を図るため、資源・エネルギーの節約、廃棄物のミニマム化、リサイクル促進等に自主的かつ積極的に取り組む。
  7. その他
    職員はこの規範に定める事項のほか、別途制定した規程類、各種マニュアル類にそって業務を遂行する。

附則
この規範は、平成25年4月1日から施行する。

Top