健診結果の見方

指導区分について

指導区分

1
この検査の範囲では、異常はありません。
2
わずかに、基準範囲をはずれていますが、日常生活に差し支えありません。
3
日常生活に注意を要し、経過の観察を必要とします。
4
治療を要します。
5
精密検査を必要とします。
6
治療中。

検査項目ごとの解説

診察等

腹囲 腹囲はお臍の周囲を測ります。男性は85㎝、女性は90㎝以上あると内臓脂肪が蓄積している可能性があります。内臓脂肪が過剰に溜まると、悪玉ホルモンが分泌され、血圧を上昇させたり、動脈硬化を進行させたりします。
BMI 体重と身長から求められる体格の指標です。
BMI=体重(㎏)÷{身長(m)の2乗}
BMI 22 が病気になりにくいと言われています。
25を超えると肥満です。
※BMI 22 は標準体重の値になります。
体脂肪率 体重に対して脂肪がどれだけあるか%で示したものです。
聴力 1,000Hz(ヘルツ)は、人の話し声を代表する音の高さ、4,000Hzは高音の代表として検査をしています。40歳を超えると加齢変化による聴力低下が出現しはじめます。聴力の低下は高音域から始まり、年齢が進むと徐々に中音域、低音域に広がっていきます。高齢者では特に疾病がなくても「所見あり」と判断されることがあります。

血圧測定

  • 最高血圧(収縮期)
  • 最低血圧(拡張期)
至適血圧 正常血圧 正常高値 軽症
高血圧
中程度
高血圧
重症
高血圧
最高血圧 ~119 ~129 130~139 140~159 160~179 180~
最低血圧 ~79 ~84 85~89 90~99 100~109 110~

※至適血圧とは脳卒中や心臓病になりにくい血圧のことです。

脂質

中性脂肪 中性脂肪が高くなると、動脈硬化の原因になります。中性脂肪を高くする生活習慣は主に食べすぎ、飲みすぎ、運動不足です。
HDLコレステロール 動脈硬化を予防する作用があます。HDLコレステロールが少ないと動脈硬化を進行させます。
LDLコレステロール 増加すると動脈硬化の原因となります。
総コレステロール コレステロールは細胞膜や血管壁の構成や、ホルモンや胆汁酸の材料になる等の役割をしています。
β-リポ蛋白 脂質(中性脂肪やコレステロール等)と結びついて肝臓から各臓器へと運ばれます。

肝臓・胆のう・膵臓

GOT(AST) 肝臓、心臓、骨格筋、腎臓等、多くの臓器の細胞に含まれる酵素です。これらの臓器に異常がおこると変化が現れます。
GPT(ALT) GOT同様、GPTも酵素の一つです。主に肝臓の障害に敏感に反応するので、肝炎や脂肪肝等の時に上昇します。
γ-GTP(γ‐GT) 肝臓等の臓器に含まれる酵素の一つです。特にアルコールによる肝障害に敏感に反応します。
ALP 肝臓や胆管、骨等に含まれ、これらの障害により値が上昇します。
LDH ほどんどの臓器に含まれ、何らかの障害があると値が上昇します。
総蛋白アルブミン 低栄養状態や肝臓等の障害があると値が低下します。
A/G比 アルブミンとグロブリンの比を算出したものです。栄養状態や肝臓の障害等で、低下します。
総ビリルビン ビリルビンとはヘモグロビンが壊れてできたものです。黄疸や胆道系の疾患があると値が上昇します。
ZTT 肝機能障害があると値が上昇します。
血清アミラーゼ 膵臓や唾液腺から分泌される消化酵素で、これらに炎症や障害が起こると値が上昇します。

代謝

尿糖 血液中に含まれるブドウ糖が尿中に排泄されたものです。尿糖が出ると糖尿病や糖代謝障害が疑われます。再検査等で病気の有無を調べる必要があります。
空腹時血糖 血液中のブドウ糖の量を測定する検査です。血糖値は食事などで変動します。血糖値が高くなると、糖尿病や糖代謝障害などが疑われます。
グリコヘモグロビンA1c 上記血糖値は、検査したその時点での血糖の状態を示しますが、この検査は過去1~3か月の血糖の状態を知ることができます。よって糖尿病診断の指標になります。
尿酸 尿酸は体の老廃物です。高値になると結晶となって間接にたまり炎症を起こし痛風発作を起こします。さらに進行すると腎障害となります。

血液一般

赤血球血色素量
(ヘモグロビン)
赤血球の赤い色素はヘモグロビンと呼ばれるもので、肺で酸素と結合して血液の流れにのり全身の組織に酸素を運びます。赤血球や血色素が少ないと貧血が疑われます。
ヘマトクリット 一定の血液中に、どれくらいの割合で赤血球が含まれているかを調べる検査です。貧血があると低下し、多血症では増加します。
血小板 血小板は主に止血の役割を持っているため、低下すると出血しやすくなったり、血が止まりにくくなったりします。
白血球 白血球は細菌を殺したり、免疫に役立っています。そのため、炎症等で上昇します。
血液像 白血球をさらに詳しく調べます。アレルギーや血液疾患等を検査します。

尿一般・腎臓

尿蛋白 尿蛋白は、蛋白が尿中に排泄されたもので、腎機能を調べる検査です。体質的なものや一時的なものもありますが、数回検査しても陽性の場合は再検査等で病気の有無を調べる必要があります。
尿潜血 尿潜血が出ると、腎臓や尿路系に結石や炎症が疑われます。ただし、健康な人でも激しい運動等で陽性になることがあります。*生理中は判定に影響することがあります。
尿素窒素 尿素窒素は尿中に排泄されますが、腎臓の排泄機能が低下すると排泄がうまくできず、血液中に増加します。腎疾患や消化管出血等で値が上昇します。
クレアチニン 筋肉中で作られ、尿中に排泄されます。腎機能の低下で値が上昇します。
尿沈渣 尿中の有形成分(赤血球や円柱等)や細菌の有無を顕微鏡で調べます。腎臓や尿路系の炎症や障害等を調べる検査です。

心電図

不整脈や高血圧症に伴う心臓の変化、虚血性心疾患等を発見する為に行われます。ただし、心臓に病気があっても心電図に表れないこともあります。心電図が正常でも自覚症状がある場合は、専門医にご相談下さい。

胸部X線

肺がんをはじめ、肺疾患等や肺炎等を調べる検査です。

喀痰細胞診

痰の中にがん細胞等が含まれていないかを顕微鏡で調べる検査です。

眼底

目の奥(眼底)の網膜には、細い血管が枝分かれして走っています。これを写真に撮り、動脈硬化や網膜の病気を調べます。

眼圧

眼球内圧を測定します。緑内障など、眼疾患を調べる検査です。

腹部超音波

肝臓・胆のう・腎臓・膵臓等の形態や病変の有無を調べます。

大腸便潜血

肉眼に見えない便中の血液反応を調べることにより消化管出血(胃や腸からの出血)の有無を検査します。
※生理中は判定に影響することがあります。

胃部X線

胃がんをはじめ、胃や十二指腸のポリープ、潰瘍等を調べる検査です。ただし、この検査所見の有無にかかわらず、胃の痛み、吐き気、食欲不振など腹部の症状がある場合は、専門医にご相談下さい。

乳房

視触診 乳がんの症状である乳房のひきつれやくぼみ、しこり、異常分泌物等の有無を調べます。
超音波 超音波により、乳房の病変を調べる検査です。人体に無害であり、痛みもありません。乳腺の発達した人や若年者の検査に適しています。
マンモグラフィ X線撮影により、乳房の病変を調べる検査です。手で触れることのできないごく小さながんや微細な石灰化を発見することができます。

子宮

内診 子宮や卵巣等を診察します。
細胞診 子宮頚部の細胞を採取し、がん細胞の有無や、そのがん細胞の種類を調べる検査です。ただし、不正出血等の症状がある場合は、専門医にご相談下さい。

動脈硬化

CAVI 心臓から足首までの動脈の硬さの程度を表す指標です。
ABI 動脈の詰まりの程度を表しています。

肝炎

B型 B型肝炎ウィルスの感染を調べる検査です。
C型 C型肝炎ウィルスの感染を調べる検査です。

骨粗鬆症

超音波により骨密度を測定する検査です。40歳を迎えるころから骨は次第に弱くなってきます。特に女性は、閉経後に急速に骨量が減少し、7割が骨粗鬆症になるといわれています。骨を丈夫に保つために、カルシウムをたっぷりとり、定期的に運動を行いましょう。

肺機能検査

肺活量や肺の換気機能を検査し、呼吸器疾患等の有無を調べます。

腫瘍マーカー

PSA 前立腺がんや前立腺肥大等の疾患で高値になります。
α-フェトプロテイン 肝臓がんや肝障害等で高値になります。
CEA 消化器、肺、卵巣等の腫瘍で高値になります。
CA125 卵巣がん等で高値になります。

ペプシノーゲン

ペプシノーゲンとは胃から分泌される消化酵素で、胃炎や胃潰瘍など胃の萎縮が進むと値が低下していきます。胃粘膜の委縮が進むほど胃がんが発生しやすいと言われているため、将来胃がんになりやすい状態の方をスクリーニングすることができます。
※ペプシノーゲン検査のみでは胃がんの診断はできません。

細菌

サルモネラ・
赤痢・
腸チフス・
パラチフス・
O-157・
MRSA
感染症等の原因菌の有無を調べる検査です。

その他

CRP 炎症や組織の障害の有無を調べる検査です。
RA 慢性関節リウマチや膠原病等で高値になります。
※RA検査のみではリウマチの診断はできません。
Top